カテゴリ

2009年06月16日

ベッキーの翻訳本

スマトラ沖の地震での影響。
ほんとの話です。
 
 
2004年12月26日、スマトラ沖の地震で津波が発生しました。
この津波は、アフリカ東海岸にも押し寄せ
ケニアの海岸沿いにたむろしていたカバの群れに襲いかかったのです。
一瞬にして家族を失ったカバの赤ちゃんには、厳しい試練が待っていました。
 
 
母親とはぐれてひとりぼっちになってしまった赤ちゃんカバは、
村人たちの命がけの努力でサンゴ礁の海からなんとか助け出され、自然公園に運ばれました。
そこで最初に出会った130歳の大きなゾウガメ、ムゼイを親のように慕い、
ぴったりと寄り添って離れなくなってしまいました。
 
最初は警戒していたムゼイでしたが、しだいに
このかわいそうな赤ちゃんカバ、オウエンをやさしく受け入れるようになりました。
 
いまではふたりは離れられない仲になっています。
 
オウエンとムゼイ.jpg
 
 
この本を翻訳したのが、タレントのベッキー
NHKのとある番組で放送してたのが印象的で買ってしまいました。
posted by キジムナー at 12:34| Comment(3) | 書籍&音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人間も人種や肌の色 東西南北関係なしに 仲良く平和に暮らせたら素敵deathね。
平和万歳!!!
Posted by POPO at 2009年06月16日 20:28
おお!

このコメント、POPOさんですか?
Posted by キジムナー at 2009年06月17日 19:18
正しくPOPO death!!!
たまには 真面目やろ?
Posted by POPO at 2009年06月19日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
最近の記事
☆プロフィール☆
名前キジムナー
性別:♀
趣味旅行、読書
ひとこと:Йiсё то мёёт чоц
牛.JPG
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。